Owner
toshi007
toshi007
購読登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
アクセスカウンタ
ブログオーナーにメッセージ

2011年04月02日

CYMA P.788 モスバーグ M500



スポンサーリンク



CYMA P.788

Mossberg M500 Cruiser


 

                   CYMA P.788 パッケージサイズ、192×703×55mm


 
今回はCYMA製。


 



 
モンディーン製の腕時計発見w


 
元ネタはモスバーグM500ショートモデル、フルスケールだと思われます。大体450gという軽さ。


 



そして輝かしいシルバーメッキモデル。




 
ブラックモデルもあるようです。


 



何故か先端のマズルは取り外しが可能。



 
非常に光沢アリ。


 



・・・ところで、装弾はどこからかい?

勿論、ケースレスやシェル式ではありませんでした。

 
 
あらやっぱり・・・


 
本来セーフティスイッチであろう所からジャラジャラ・・・

BB自然落下式です。





 
バレルは一つだけなのに、散弾銃に合わせてか、リアサイト・フロントサイトもろともありませんでした。


そして・・・

このグリップ。

例の「サラサラ音」、砂漏れ付き。これはまさか?!


早速バラしてみる。

結構モナカ。

 
スプリングは強めです。そして・・・


 
やっぱり入っていました、モルタル。


 
ただ、それをビニールで包み込んでいるだけ。とても脆いために中で崩れ落ち、砂と化しているワケであります。



それが袋から漏れ出し、さらに、つなぎ目が悪い所からボロボロと砂が漏れ出してくるという。・・・なんと恐ろしい。


 
錆びた鉄の棒や、砂をおもりとしてご使用になるのであれば、何もない方がマシだ。
異物混入なんて気分のいいものではありません。

でもその場合、これまた一層軽ーくなっていく訳で、それはそうと恐ろしいものに・・・(笑)。


<実射>
強度なスプリングのお陰か、威力はあります。

1回目 72.7m/s 0.52J
2回目 74.5m/s 0.55J
3回目 73.4m/s 0.53J
4回目 73.2m/s 0.53J
5回目 72.5m/s 0.52J (0.2g)

コッキングを数回行い、散弾銃(風)として楽しんだ方が面白いかも。


明日はM16A7。



おまけ。
【このP.788に関連して、少し笑える動画を紹介します。どうぞご覧ください】


付属の説明書でしょうか。徹底的に小馬鹿にしていますw




同じカテゴリー(CYMA)の記事画像
CYMA P.1092A1 M4A1
CYMA P.2000 MP5SD3
MP7A1 CYMA P.1091A1
三友汽弾枹 CYMA NO:169 袋物シリーズvol.1
CYMA P.698+グロック26+グロック26アドバンス風
CYMA  P.618 SIG SP 618 
同じカテゴリー(CYMA)の記事
 CYMA P.1092A1 M4A1 (2011-05-03 21:00)
 CYMA P.2000 MP5SD3 (2011-05-02 02:50)
 MP7A1 CYMA P.1091A1 (2011-01-30 16:20)
 三友汽弾枹 CYMA NO:169 袋物シリーズvol.1 (2010-05-16 14:10)
 CYMA P.698+グロック26+グロック26アドバンス風 (2010-03-21 17:06)
 CYMA  P.618 SIG SP 618  (2010-01-24 10:10)
この記事へのコメント
私が持っているP.799はこれの固定ストックVer。
んが、ストックデザインはベネリだったりします。
箱にもしっかりM3とか印刷されていたりします。
装弾数、パワーともにサバゲ向き(笑)。
フル装填して撃った事がありますが、腕がつりました。

中国メーカーの日本語の誤字、脱字は有名で、探してみるのも楽しい作業(笑)。
が、英語までとは気が付きませんでした(読みもしませんでしたが)。
英語にすらなっていないあたりは、さすがチャイナ!!
Posted by か~くん壱号改 at 2011年04月03日 20:36
やべぇwww欲しいw
Posted by kaito at 2011年04月03日 20:44
>>か~くん壱号改さま

前に仰っていました、あのP.799ですね!

youtubeから、同様なアイテムで「P389A」というのもありました。CYMAの自然落下装填式というのは珍しい感じですが、そうではないみたいですね。

そうときたら、コッキングしまくれ!笑
トリガーとの連携プレー、そのタイミングのズレで下手すりゃお釈迦様。

やはり日本語表記されている中華取説には無理がありますよね、多々マルイから引っ張っているところもありますし。
・・・英語もそのようで(笑)。
Posted by toshi007toshi007 at 2011年04月04日 23:53
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。