Owner
toshi007
toshi007
購読登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
アクセスカウンタ
ブログオーナーにメッセージ

2011年03月06日

Jie Sen NO.226-F6 キツネ



スポンサーリンク


□■100000アクセス突破感謝記念■□

【第①弾】
Jiesen 226-f6 スノーフォックス部隊・バヨネット




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
まず、今回の地震や津波によって被害に遭われた方、そして身内の方など被災された方々、謹んでお悔やみ・お見舞い申上げます。
記事アップについては、予定通り明日に行う予定です。(2011 3/12)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■




                                  Jie Sen NO.226-F6 Snow Fox  パッケージサイズ220×342×55


 
とうとう10万アクセス突破ということで、感謝記念に何をレビューしようか若干の戸惑いがありましたが・・・
前回お伝えの通り、銃剣装備モデルに選定。


 
動くな!



Jie Sen? ・・・聞いたことないメーカー。 キツネの蝶ネクタイは面白いw


 
パッケージの裏側はマニュアルになっております。



 


 
ハンドガンがビミョーですが、みてみるとセット内容は充実しています。



 
見る限りだとこのハンドガン、デザートイーグルやベレッタ辺りを混ぜたような感じである。
銃全長は220mm、315g。


 



スノーフォックス部隊・・・、ネーミングセンスは悪くないです。・・・これでとっとこ、突撃!(笑)

そういえば、この銃は至る所にキツネキツネとあります。



先ほどのメーカーのロゴマークや、このスライド、グリップ両面等など。
子馬や鳥ではなく、今回はキツネ尽くしですか。


 
そんなキツネも、結構デンジャラスになってきます。


 
はい、この装備類。


 
まずはこの銃剣。一度手にしてみたかった中華ハンドガンの銃剣であり、今回の記念の主題でもあります。



 
期待はしていませんでしたが、やはりその通り。ただプラスチックにシルバーが降りかかっているだけ。
でもカタチ・カンジとしては十分、そしていろいろなハンドガンに付きそうです。



取り付けるのにはこれだけで十分のなのですが・・・。


この226-f6タイプはサイトやサーチライトも付属。レビューなので、やはりつけてお送りするべきですw


 
サーチライトの方は、おなじみブルーLEDです。


 
そしてこのサイトは、

 
エコな電源不要タイプ、そしてぼやけて遠くのターゲットが狙えない付録つき。
手を伸ばして構えればくっきり見えてくるので、それはどうってことない話ではあります。それ以前に狙い通りに飛ばないので。笑



 
そのサイトの下には、本当はレーザーポインターが入っていたんです。


 
何れも輸入業者などの方が中身を取ってしまい、殻になってしまう始末。と思えば・・・。


 
入ってる?!



みれば電池の接点もきちんとあるじゃないですか。


 
ひょっとすれば、電池を入れれば点灯するのかも。と、電池をはめて期待を込めて入れたスイッチ、押しても点灯せず。
やっぱりレーザー自体壊れているのかと思いきや、


 
ネジをはずし軽くばらして見てみると、単にスイッチの配線が切られていただけでした。

最近の中華チープガン輸入業者はほとんど中身を取っちゃうのですがね。
単なる見せかけとは、これは良いサービスです。


 
もちろん繋げれば勢いよくレーザー光がでるようになりました。ということで夜間の射撃ポイントは、コチラで。


 
それらのパーツをフル装着。「NO.226-F6」という型の組み立てが完成しました。


 



 


 
少し持ちづらいですが、飾っておくには最適だと思います。





 

<実射>


初速は0.2g弾で45m/s程、威力は0.2J程度とソコソコである結果。でも集弾性も微妙なところで、満足とはいいません。
やっぱ飾りに相応しているみたいですね。






キツネは一匹ではない。

------------------------------
今週に一挙公開できず申し訳ありませんでしたが、来週の日曜辺りに感謝記念第②弾、TS47Bのレビューをお送りします。
(現在非公開中のエアコキについては、古い記事の方から週末に限らず更新、公開していっていますので、チェックお願いします)
   



この記事へのコメント
入手方法が知りたいです・・・((
Posted by 初心者 at 2011年10月10日 01:21
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。